« 2012年12月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年1月

骨折…

来週21日から3学期です。

12月、我が家では大変でした。

よーくんが肘の脱臼、みーちゃんが骨折で

1週間に2回も整形外科にお世話になりました。

よーくんは、おもちゃで足を滑らせ、仰向きに転倒。

その直後から肘を痛がり、だらんとしてる・・・

受診したら肘が脱臼していました。

でもすぐに戻してもらって、2日間は少し痛みが残って

いたようだけど、もう元気!

問題はみーちゃん。

幼稚園バスから降りてきて、

「ママ、足が痛くて歩けない」と・・・

大げさだな、と思いつつも、家までの約100メートルの間、

痛いという足は踵であるいていました。

帰って見てみると、痛いという右中指を中心に

腫れています。足の付け根あたりまで熱い。

みーちゃんに聞いてみると、帰りのバスに乗る前、

靴に履き替える時、ぶつかってきた男の子がいて、

上靴を脱いだ状態で下駄箱の角に右足の指を強打したらしい。

めっちゃ痛かったけど、泣くのを我慢して、

先生にも言わないで、バスに乗ったらしい。

想像するだけでも痛い・・・

幼稚園の担任にすぐ電話。

今から受診してください、ってことになって、

じっとしないよーくんを連れて、雪の中運転し、整形へ。

骨折していました。

お風呂の時以外はシーネ固定。

慣れない雪道の運転で1週間、毎日送り迎えでした。

で、そのまま冬休みへ。

お友達と楽しみにしていたスキー教室はキャンセル。

かわいそうでしたよ。

幼稚園の担任も相当ショックだったようで、

かなり反省しているようでした。

でも、年長なのに下駄箱の監視は不要でしょ。

私は幼稚園のせいなんて思っていません。

もちろんぶつかってきた男の子のせいなんても

思っていませんでした。まぁ、骨折するって

どんだけの勢いでぶつかったんだ!とは思ったけどね。

問題は相手の親の謝罪の仕方です。

翌日、母親と男の子とで、なんと20時に来ました。

こっちはおふろ上がりでとんでもない状態。

でも外は極寒なので外で待たせるわけにはいかず、

玄関に入れて・・・

第一声が、「けがしたんだってね」 と。

そして信じられない一言が!

「うちの子が言うことと、みーちゃんがいうことが違うんだけど」

って!

とにかくまずは謝れよ!

骨折させてるのに自分の子を守るのかい!

謝まらなくてもいいのかい!

2日後このお母さんと近所なので会いましたけど、

「幼稚園は幼稚園のせいにしたくないんだよね~」

とまぁ、意味不明なことを言ってました。

全く人ごとに思ってる。

今週もこのお母さんとあったけど、

「みーちゃん、大丈夫?」なんて一言もなかった。

なんで被害にあってるうちがこんな不快な気持ちになっちゃうの?

ちゃんと謝ってくれればいいだけなのに、

それができないってどういうこと?

これから学校だって一緒なのに、なんかいやだ。

男の子には妹がいるんだけど、

公園で女の子を押して遊具から落として、

女の子は顔に擦り傷のけがをしているのに、

「うちの子はやっていない、って言うんだ」

と言って謝らなかったらしい。

女の子のお母さんはめっちゃ怒っていました。

謝れないお母さん・・・

なんかおかしくない?

今回はケガですんだけど、これがもしもっとひどいことが起きて、

「でもうちの子はやってないって言ってるから~」って

ことですますんだろうか?

近所のママさんと話題になりました。

悪いことをしたら、ちゃんと謝る。

子どもは見ています。

当然だけど、当たり前の対応ができる親にならないとね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年10月 »